現在地: 除染技術関連情報 課題とベストプラクティス 委託業者監理に関する課題とベストプラクティス

委託業者監理に関する課題とベストプラクティス

本モデル事業の受注者との契約体系については,モデル事業の目的を踏まえて研究委託契約とし,除染に関する研究の進捗監理を行いました。現場監理の中で,除染によって想定した除染効果が得られなかった際に,再度除染計画を練り直して再度除染を実施し直すかどうかについては,受注者側と協議して決定しました。しかし,契約内容を踏まえてどこまで再除染が実施できるかどうかについては協議によるところが大きく,除染の効率的かつ確実な実施のためには,日々の現場監理・現場会議の中で柔軟に対応できる契約方法やそれにともなう仕様について最大限の工夫が必要です。