現在地: 除染技術関連情報 課題とベストプラクティス モニタリングに関する事項

モニタリングに関する事項

測量を実施するにつれ,地震で国土地理院のマップがずれてしまいモニタリング位置が事前に決められたGPSの位置とズレが生じたといったことが分かってきました。このためJVのモニタリングにおいては,モニタリングポイントごとに測量を必要と判断したところもあり,時間を要した例がみられました。位置決めの精度をどこまで求めるかその根拠を明確にしておくことが今後の除染を効率的に進める上で非常に重要な要素であることが分かりました。