現在地: 除染技術関連情報 課題とベストプラクティス フォローアップ調査に関する課題とベストプラクティス

フォローアップ調査に関する課題とベストプラクティス

除染中に毎日実施した定点観測については,除染後の測定では比較的安定した結果が得られたことを踏まえますと,除染後には測定頻度を1週間に1回程度でも空間線量率の推移を把握できると考えられます。

本事業においては,時間的制約から1か月程度のモニタリングに留まりましたが,今後の課題として,状況に応じて測点の数や測定頻度を下げつつより長期的な測定を行い,二次汚染の影響の有無を調査していくことが重要と考えます。