現在地: 除染技術関連情報 労働安全の管理 モデル事業で設定した目安線量

モデル事業で設定した目安線量

作業員の被ばく線量については,将来の本格的な除染事業への対応を想定し,モデル実証事業で設定した目安線量である15mSv/年を超えないようにしました。被ばく履歴がある作業員については,モデル実証事業の従事前の被ばく線量とモデル実証事業における従事期間中の累積被ばく線量を合算した上で,電離則の線量限度を上限として管理しました。

 

線量限度と目安線量

 

区  分

線量限度

目安線量

実効

線量

男性または妊娠する可能性がないと診断された女性

100 mSv/5年

50 mSv/年

15 mSv/年

女 性

妊娠する可能性がないと診断された者および妊娠中の者を除く

5 mSv/3月

3 mSv/3月

1.5 mSv/月

妊娠と診断された時から出産までの間(※)

1mSv

1日

1mSv

等価

線量

眼の水晶体

150 mSv/年

50 mSv/年

皮膚

500 mSv/年

150 mSv/年

妊娠中の女性の腹部表面

2mSv/妊娠中

1 mSv/妊娠中

※本表の他の欄で「妊娠中」との表記も同義。