現在地: 除染技術情報 除染技術カタログ(第1版) 拭き取り,剥ぎ取り(木面)

拭き取り,剥ぎ取り(木面)

除染ガイドライン作成調査業務報告書

除染技術の概要

 

 生活環境にある構造物の木材の表面(砂場等の木枞,木製遊具,塀等)を水洗い,または研磨して,表面に付着している放射性セシウムを除去します。

 拭き取り,研磨に使用する器具等に放射性物質が付着する可能性があります。また,特に研磨作業では,周囲への削りかすの飛散にも留意します。
 
除染方法
  • 木材の表面をブラシや布等を用いて水洗いします。必要に応じて,中性洗剤,「オレンジオイル」(放射性物質の除染剤として利用されているもの)の配合剤を使用して洗浄します。
  • サンドペーパー,電動工具で,木面を研磨します。
  • 除染作業後,周囲を放射線モニタリングし,汚染の拡大がないことを確認します。

周辺の除染作業,例えば,A-5C-1に示す土壌の除去,C-6に示す砂場の除染等は,本作業の後で実施することが効率的です。


除染に必要な機器
  1. 洗浄

    • ブラシや布(拭き取り用品)・中性洗剤・オレンジオイル配合洗剤・ゴム手袋
  2. 研磨

    • サンドペーパー・木面用の電動式サンダ・マスク等

 

除染に必要な人員

 

 研磨については,作業に精通した者が望ましいです。(特に,電動工具を使用する場合)

 

必要な安全対策
  • 水洗いでは,洗浄水が飛散する可能性があるので,吸入したり,体に付着させたりしないよう,マスクや手袋等を着用します。
  • サンダー研磨では,削りかすが飛散するため,作業者はマスク等を着用し,吸い込みを防止します。
  • 電動式工具は,作業後に汚染検査を行い,念のため拭き取り等を行うことで,再利用できます。

 

作業による被ばく低減の効果

 

 砂場の木枞の事例について,作業前後の表面の汚染密度の低減率は以下のとおりです。

  • 水洗い:36%程度(オレンジオイル配合剤を使用して57%程度)
  • サンドペーパー:77%程度
  • サンダー研磨:99%程度

 固着している汚染について,カビ取り洗剤で表面の汚染密度が30%程度減少した事例があります。

 ただし,洗剤の使用により木面が漂白等の影響を受ける可能性があります。

 

備考

 

 サンダー研磨は,除染効果が大きいが,上記のとおり,削りかすの飛散への対策が必要となり,周囲の除染前に実施することが適切です。
 例えば,砂場の除染では,木枞のサンダー研磨後に砂の撤去等を実施することにより,木枠の研磨による砂の再汚染を防ぐことができます。(C-6を参照のこと。)