現在地: 除染技術情報 除染技術カタログ(第1版) 未舗装の道路,のり面の土面における表土除去,客土

未舗装の道路,のり面の土面における表土除去,客土

除染ガイドライン作成調査業務報告書

除染技術の概要

 

 未舗装の道路表面やのり面等の土面では,表層の近くに放射性セシウムが付着していると考えられます。そこで,表層の土を除去することにより,被ばく線量の低減化が図られます。
 放射性セシウムを含む土壌を大量に発生させる可能性があるため,剥離する土壌の厚さの選定と,作業後の除去土壌の適切な管理が重要となります。
 
除染の方法
  • 事前に放射線モニタリングにより,汚染部分の範囲を特定します。
  • 土壌の除去前に,表面のゴミ,枯葉,苔,草,泥,土等を手作業により除去します。
  • 表層の汚染されている部分の土壌を除去します。狭い領域の場合は手作業で,広い領域の場合は重機を使用します。
  • 必要に応じて土壌を除去した表面を客土,圧密して,作業前の状態に回復します。

 

除染に必要な機器
  • ブルドーザー・油圧シャベル・シャベル
  • レーキ・土のう袋等の除去物を封入する機器
  • ゴム手袋・マスク等

 

除染に必要な人員
  • 重機を使用する場合,運転,操作な可能な者を必要とします。


必要な安全対策
  • 表土除去で発生する粉塵をなるべく吸入しないよう,マスクを着用します。
  • 作業後の汚染拡大を防止するため,除去に使用した重機等を水の飛沫を浴びないように洗浄します。
  • 除去物(除去した土壌等)の保管方法や場所は,汚染(線量率)のレベルに応じて適切に管理します。
  • 集積した土壌の周囲では線量率が高くなるため,剥離した土壌の運搬,保管作業時には適切な放射線モニタリング,被ばく管理のための線量計の装着が必要となります。
  • のり面の除染後の客土,圧密については,斜面の崩落などに注意します。

 

備考

 

 この手法は,未舗装の道路やのり面の他,家屋近くの土地,土手等にも適用できますが,除染対象とする範囲が広いほど,大量の除去物が発生し,その保管法が問題となります。そのため,除去物の発生量を低減させるため,事前に放射線モニタリングにより,汚染部分の範囲を特定した後,スコップ等で汚染部分の表面を掘削し,掘削土壌面及び掘削土壌を放射線サーベイメータで測定して汚染の深さを特定することが重要となります。
 また,回収した土壌の保管容量低減のため,油圧プレス機等により圧密処理を行うことも有効となります。(G-1を参照。)