現在地: 除染技術情報 除染技術カタログ(第1版) 道脇や側溝の除染

道脇や側溝の除染

除染ガイドライン作成調査業務報告書

除染技術の概要

 

 道路の側溝には,雨水で集められた放射性セシウムが付着している泥,草,枯葉等が溜まっています。そこで,これらの泥,草,枯葉等を除去し,さらに高圧洗浄することで,被ばく線量の低減化が図られます。
 回収した泥,草,枯葉等は除去物として適切に管理し,洗浄作業を行う場合は排水経路等に注意する必要があります。

 

除染方法

 

 堆積物(泥,草等)を可能な限り除去した後,洗浄作業を実施します。

  • 事前に放射線モニタリングにより,線量率が高くなっている場所を把握します。特に,雨水が溜まりやすい場所,植物の根元,苔が生えている場所等を注意します。
  • 道脇のゴミを拾う等の清掃,雑草の抜き取り等を行います。
  • 側溝の枯葉,苔,草,泥,土等を,スコップ等を用いて手作業により除去します。
  • ゴミ等を除去した後,水を用いて,デッキブラシやタワシ等で洗浄,高圧洗浄機による放水洗浄を行います。
  • 側溝内の清掃,洗浄後の線量率の測定で,線量率が十分に減少していない場合,B-3に示すグラインダー等による表面の研磨等も検討します。

 

除染に必要な機器(代表的なもの)
  • トング,スコップ等(すくい取り)
  • デッキブラシ・タワシ・箒
  • ゴム手袋・長靴・マスク
  • 土のう袋,ブルーシート等の除去物を封入,保管する機器・除去物の運搬車(・高圧水洗浄機・グラインダー)

 

必要な安全対策
  • マスクを着用することで,除染作業中に浮遊する物質の吸入を防止できます。
  • スコップ等を使用して,除去する堆積物からある程度の距離を取ることにより,作業時の被ばく線量を低減できます。
  • 使用する洗浄水の量,発生する排水に含まれる放射性物質を少なくするため,できるだけ落ち葉や土砂を除去します。
  • 洗浄作業で飛び散った水を吸入したり体に付着したりしないように,作業中はマスクや防水服等を着用します。(特に,高圧洗浄を実施する場合。)
  • 発生した除去物については,土のう袋等に収納し,汚染(線量率)のレベルに応じて,適切に管理します。
  • 集積した除去物の周囲では線量率が高くなるため,土砂や雑草等の運搬,保管作業時には,適切な放射線モニタリング,被ばく管理のために線量計の装着が必要となります。

 

作業による被ばく低減の効果

 

 側溝内のゴミ等の除去により,側溝底部から1cmの高さで,線量率が68%程度低減した事例があります。除染前:2.11μSv/h→除染後:0.68μSv/h
 また,ゴミ等の除去後,水とブラシ洗浄を行うことで,側溝底部から1cmの高さで,線量率が69%程度低減した事例があります。除染前:1.4μSv/h→除染後:0.43μSv/h
 同様に,ゴミ等の除去後,高圧水洗浄を行うことで,側溝底部から1cmの高さで,線量率が73%程度低減した事例があります。除染前:2.75μSv/h→除染後:0.74μSv/h

 

備考

 

 厚いコンクリート蓋が付いている側溝では,蓋が遮へい材の効果を果たす可能性もあります。放射線モニタリングにより,歩行者等がいる場所での線量率が十分低いと判断された場合には,作業者の被ばく線量とのバランスを考慮して,側溝の泥の除去作業等を行うか否かを検討します。

 

注意点

 

 側溝のコンクリート目地が深い場合,除染効果が小さくなる可能性があります。