現在地: 除染技術情報 除染技術カタログ(第1版) 庭等(狭い土地)における表土等の除去

庭等(狭い土地)における表土等の除去

除染ガイドライン作成調査業務報告書

除染技術の概要

 

 家屋の庭等では,放射性セシウムは土面の表層近くに付着しているので,表土を概ね数cm~5cm程度で剥離することにより,被ばく線量の低減化が図られます。特に,雨樋からの排水口,雨樋のない屋根の軒下の付近,樹木の根元等は部分的に線量率が高くなっているので,念入りの作業が必要となります。
 除去物の発生量が過度に多くならないよう,剥離する土壌の厚さは適切に選定することが重要となります。除去した表土は放射性セシウムを含んでいるため,適切に取り扱い,管理します。表土等を除去した場所では,必要に応じて,汚染のない土壌により,客土,圧密を行い,作業前の状態に回復させます。

 

除染方法
  • 事前に放射線モニタリングにより,特に線量率が高くなっている場所を把握します。(例,雨樋からの排水口,雨樋のない屋根から雨水が流れ落ちた軒下の付近等。)
     
    また,家屋や建物の除染作業で水を使用した場合,屋根等にあった放射性物質が流れてくる可能性もあるので,庭や周辺の敷地等の除染作業は家屋や建物の後に実施するのが効率的です。
  • 草が生えている場合には除草し回収します。(芝地の対策は,C-2に示す。)
  • スコップやレーキ等を用いて,表層土を数cm~5cmの深さまで除去します。小型の重機が入る場合は,利用することも可能です。
  • 線量率が部分的に高い土壌の表層土については,手作業等により,5cm以上の深さまで除去する必要があり得ます。ただし,発生する除去物の量を低減化させるため,モニタリングをしながら適切な厚さの土壌を除去し,厚く削り過ぎないように注意します。
  • 除去した土,草等は土のう袋に入れます。
  • 表層土を除去した部分について,必要に応じて,客土や圧密を施して,除染前の状態に回復させます。

 

除染に必要な機器(代表的なもの)
  • スコップ・シャベル・レーキ・小型の重機(立ち入ることのできる場所)
  • 土のう袋等の除去物を封入する機器・除去物の運搬車(荷車)
  • マスク・ゴム手袋等

 

必要な安全対策
  • 除草の作業中や,刈り取った草を運搬,保管する作業の際には,ゴム手袋等を使用して,直接手で触れないようにします。
  • マスクの着用により,表土除去で発生する浮遊粒子の吸入を防止できます。
  • 作業後の汚染拡大を防止するため,除去に使用した機器は水の飛沫を浴びないように洗浄します。
  • 作業後に屋内に入る際には,靴の泥を落とし,服を着替える等を行い,体に付着した粉塵を屋内に持ち込まないようにします。
  • 除去物(除去した土壌等)の保管方法や場所は,汚染(線量率)のレベルに応じて適切に管理します。
  • 集積した土壌等の除去物の周囲では線量率が高くなるため,剥離した土壌等の運搬,保管作業時には,適切な放射線モニタリング,被ばく管理のための線量計の装着が必要となります。

 

作業による被ばく低減の効果

 

 農家の軒下の土,雑草の除去をした場合,地表の線量率が低減した事例があります。※
※「福島県内(警戒区域及び計画的避難区域を除く)における生活圏の清掃活動(除染)に関する基本的な考え方」平成23年7月15日原子力災害対策本部
 

 

備考

 

 除染する土面を深く掘削し,除去した(表層にあった)土壌を埋設し,深い層にあった土壌を表層に被覆する方法を採用した場合には,他に除去物の保管場所を必要としません。(C-3を参照のこと。)