現在地: 除染技術情報 除染技術カタログ(第1版) 雨樋・側溝等の清掃,洗浄

雨樋・側溝等の清掃,洗浄

除染ガイドライン作成調査業務報告書

除染技術の概要

 

 雨樋,側溝といった集水,排水設備には,雨で屋根等から流れ落ちた放射性物質が付着した枯葉,土等が溜まっています。そこで,溜まった枯葉等を清掃により除去し,その後,高圧洗浄等を行うことで,周囲の被ばく線量を減少させることができます。
 作業で回収する土,落ち葉には放射性セシウムが付着しているため,除去物として適切に取り扱い,保管します。また,高圧洗浄で使用する水は,排水経路等に注意する必要があります。

 

除染の方法

 

 枯葉,苔,泥等を可能な限り除去した後に行うことにより,排水の発生量,含まれる放射性物質の量を低減させることができます。他に関係する除染作業として,A-2に示す屋根への放水洗浄は,排水経路となる雨樋や側溝に溜まっている枯葉,苔,泥等を可能な限り除去した後に行います。

 

 

 

  1. 雨樋
    • 溜まっている落ち葉,土を手作業ですくい取ります(トング,シャベル等を使用)。
    • すくい取った回収物は,飛散しないように土のう袋等に詰めます。
    • 呼び樋,竪樋,排水管の内面は,パイプクリーナー,厚手の紙タオル等を使用して,手作業で拭き取り,洗浄を行います。
  2. 側溝
    • 溜まっている泥等をスコップ等で除去します。
    • すくい取った回収物は,飛散しないように土のう袋等に詰めます。
    • その後,ブラシ洗浄または高圧洗浄を行います。

 

除染に必要な機器,装備

 

  1. 落ち葉,土等のすくい取り
    • トング,シャベル,スコップ等の機器・防塵マスク・ゴム手袋・ゴム長靴
  2. 洗浄作業
    • ブラシ,ホース,ゴム長靴・防水服(雨合羽)・防水対策の器具
  3. 除去物(落ち葉,土等)の運搬,保管
    • 土のう等,封入する機器・運搬する車,荷車

 

除染に必要な人員

 

雨樋の除染には,高所専門作業者(安全面から)。

 

必要な安全対策
  • 事前に放射線モニタリングにより,特に線量率が高くなっている場所を把握します。
  • 枯葉,苔,泥等は,除去作業中やその後の取り扱いの際には,ゴム手袋等を使用して,直接手で触れないようにします。トング,スコップ等を使用して,落ち葉や土等から離れることで,業時の被ばく線量を低減できます。
  • 洗浄作業で飛び散った水を吸入したり,体に付着させたりしないように,作業中はマスクや防水服等を着用します。
  • 集積した落ち葉や土等の周囲では線量率が高くなるため,運搬,保管作業時には,適切な放射線モニタリング,被ばく管理のための線量計の装着を行います。
  • 除去物は,汚染(線量率)のレベルに応じて適切に管理します。
  • 屋根等の高所での作業の際には,転落や物の落下に注意しながら作業を進めます(例;命綱,ヘルメットの着用)。

 

作業による被ばく低減の効果

 

 小学校の雨樋の除染作業により,雨樋たたきの線量率が約1/10低下したことが確認されています。表面1cmで90%程度の線量率の低減効果があった事例があります。(除染前:40μSv/h→除染後:4.2μSv/h,3.7μSv/h)。※
 側溝の除染では,散水,ブラシ洗浄だけでなく,高圧洗浄を実施することにより,70~89%程度の線量率の低減効果があった事例があります。
※「福島における除染活動について」平成23年8月2日原子力委員会への資料((独)日本原子力研究開発機構)にある福島県災害対策本部原子力班速報より

 

注意点

 

 側溝のコンクリートの目地が深い場合,除染の効果は低くなるので注意を要します。