バックホウによる道路の除染(アスファルト舗装剥ぎ取り)の具体的な流れ

【除染モデル実証事業編】報告書2.4.2 除染作業結果より

 

バックホウによるアスファルト舗装の剥ぎ取りの流れを以下に示します。

1.目的

バックホウによる道路の除染(アスファルト舗装の剥ぎ取り)の流れを以下に示します。

 

2.作業項目

(1)使用機材点検

(2)剥ぎ取り・集積

(3)詰込み

(4)運搬

 

3.作業手順

作業手順を下図に示します。

 

(1)使用機材点検

使用する機材が想定動作することを確認します。また,安全対策が十分であることを確認します。

(2)切削・集積

舗装カッターおよびバックホウを用いて道路表面のアスファルト舗装を剥ぎ取り集積します。

(3)詰込み

集積した切削屑をバックホウを用いてフレキシブルコンテナに収納します。

(4)運搬

フレキシブルコンテナをトラッククレーンで一時仮置き場まで運搬します。

 

4.使用機材

保護具(半面マスク,ゴム手袋等),舗装カッター,バックホウ,トラッククレーン

 

5.留意事項等

(1)重機の旋回範囲,死角には立ち入りできないようカラーコーン等で作業エリアを明示するようにします。

(2)事前モニタリングの結果,放射性物質の浸透が舗装面のごく表層までであることが明らかな場合には,除去物発生量抑制の観点から,汚染された舗装面のみ除去物として取扱うことが望ましいと思われます(除去物量の抑制)。

 

バックホウの歩掛例

 

 

以 上