現在地: 除染技術情報 除染方法 道路の除染方法(イラスト形式) バックホウによる道路の除染方法(アスファルト舗装剥ぎ取り) バックホウによる道路の除染(アスファルト舗装剥ぎ取り)の効果例

バックホウによる道路の除染(アスファルト舗装剥ぎ取り)の効果例

【除染モデル実証事業編】報告書2.4.2(1)①(b)章“Ⅳ道路”より

 

バックホウによるアスファルト舗装道路の剥ぎ取り後の表面汚染密度は500~630cpmで,大部分の放射性物質は舗装面とともに除去され,舗装面下の砕石はほとんど汚染されていないと考えられます。

 

今回のモデル実証事業での効果の一例を以下に示します。

 

川俣町坂下地区における実施結果(側溝清掃・堆積物除去,アスファルト舗装打ち替え)

 

除染前

除染後

低減率(%)

空間線量率(1m) (μSv/h)

2.13

1.53

28

表面線量率(1cm)(μSv/h)

2.65

1.85

30

表面汚染密度(cpm)

3,950

1,660

58