TS切削機による道路の除染効果例

【除染モデル実証事業編】報告書2.4.2(1)①(b)章“Ⅳ道路”より

 

TS切削機を用いたアスファルト舗装面の切削は大熊町役場での除染結果に限定されますが,表面汚染密度の低減率は非常に高い値を確認できました。

TS切削機の場合,ブラスト作業と同様に,骨材,ストレートアスファルト部分のいずれも切削します。

今回TS切削機に使用したファインミリングドラムは,除去物量を抑制するために切削厚さを約5mmに設定し除染を実施しましたが,舗装表面が歪曲している箇所等では十分な切削厚さを保持できないことがありました。

また,切削したアスファルト廃材はコンベヤシステムにより迅速に大型のダンプトラック等に廃材を積み込むことができますが,一部の廃材が舗装面上に取り残されることがあります。 

 

今回のモデル実証事業での効果の一例を以下に示します。

 

大熊町役場周辺における実施結果(役場駐車場(アスファルト舗装))(路面切削機による舗装切削(平均切削厚さ約5mm))

 

除染前

除染後

低減率(%)

表面線量率(1cm)(μSv/h)

17.1

4.7

73

表面汚染密度(cpm)

42,900

3,700

91