TS切削機による道路除染の具体的な流れ

【除染モデル実証事業編】報告書2.4.2 除染作業結果より

 

道路におけるTS切削機を用いた除染の流れを以下に示します。

1.目的

道路のアスファルト舗装の除染方法として,TS切削機による表面切削の手順を示します。

 

2.作業項目

(1)使用機材点検

(2)切削・集積

(3)詰込み

(4)運搬

 

3.作業手順

作業手順を下図に示します。

 

(1)使用機材点検

使用する機材が想定動作することを確認します。また,安全対策が十分であることを確認します。

(2)切削・集積

TS切削機を用いてアスファルト舗装を任意の深さで切削します。切削屑はTS切削機に付帯しているベルトコンベアでトラックに集積します。路面に残った粒子の細かい切削屑は飛散することがありますので,搭乗式清掃機や集塵機を用いて回収します。

(3)詰込み

集積した切削屑をバックホウまたは人力でフレキシブルコンテナに収納します。

(4)運搬

フレキシブルコンテナをトラッククレーン等で一時仮置き場まで運搬します。

 

4.使用機材

保護具(半面マスク,ゴム手袋等),TSアスファルト切削機,搭乗式清掃機または集塵機,バックホウ,トラック,トラッククレーン

 

5.留意事項等

(1)重機の旋回範囲,死角には立ち入りできないようカラーコーン等で作業エリアを明示するようにします。

(2)路面に凹凸がある場合は,除染できない部分が残ります。また,側溝付近やマンホール周辺等の狭隘部は切削できないため,他の方法(超高圧水洗浄,ショットブラスト等)と併用する必要があります。

(3)施工スピードは,路面上の障害物(マンホール,横断側溝等)や一回の施工距離によって変動します。

(4)改善点としては,密粒度アスファルト舗装の場合,放射性物質の90%は表面から2~3mmまでの深さに付着・残留しているため,除去物減容の観点から切削精度を向上させることが望ましいと思われます。

 

TS切削機の歩掛例

以 上