ショットブラストによる道路の除染の具体的な流れ

【除染モデル実証事業編】報告書2.4.2 除染作業結果より

 

道路におけるショットブラストを用いた除染の流れを以下に示します。

1.目的

道路のアスファルト舗装の除染方法として,切削機(ショットブラスト)による表面切削の手順を示します。

 

2.作業項目

(1)使用機材点検

(2)表面切削

(3)詰込み

(4)運搬

 

3.作業手順

作業手順を下図に示します。

 

(1)使用機材点検

使用する機材が想定動作することを確認します。また,安全対策が十分であることを確認します。

(2)表面切削

切削機(ショットブラスト)を用いてアスファルト舗装表面の切削を行います。

(3)詰込み

切削屑を人力でフレキシブルコンテナに収容します。

(4)運搬

フレキシブルコンテナをトラック等で一時仮置き場まで運搬します。

 

4.使用機材

保護具(保護メガネ,半面マスク,ゴム手袋等),切削機(ショットブラスト),トラック

 

5.留意事項等

(1)アスファルトに残った切削屑をスイーパーで回収していますが,粒子の細かい屑は飛散しやすいので吸引等により回収することが重要です。また,アスファルト面に残った鉄球を確実に回収することが重要です。

(2)ブラスト面の中央部と端部で切削深度に違いがあるため,ブラスト面の幅の半分程度のオーバーラップが必要です。

(3)投影密度と走行回数(スピード)によっても切削深さが異なるので,事前に試験区間を設け,それらの要因と低減率の関係を把握し,施工の仕様を決定することが重要です。

(4)切削厚さによっては,オーバーレイが必要となります。

(5)ブラスト粉じんを収納したフレキシブルコンテナ周辺は100μ㏜/hを超える高線量となるため,一時保管の段階からその旨を明示し,カラーコーン等を使って不用意に人が近づかないようにする必要があります。

 

ショットブラストの歩掛例

以 上