現在地: 除染技術情報 除染方法 道路の除染方法(イラスト形式) 超高圧水洗浄機による道路の除染効果例

超高圧水洗浄機による道路の除染効果例

【除染モデル実証事業編】報告書2.4.2(1)①(b)章“Ⅳ道路”より

 

超高圧水洗浄機(水圧約120~240MPa)を用いた除染による表面汚染密度の低減率は約40~95%であり,特に水圧約200MPa以上で実施した除染では約80~95%と高い除染効果が得られました。また,除染回数を増やすことで除染効果が高くなる傾向が認められました。

 

超高圧水洗浄機では,除染後もほぼ除染前と同様の状態でアスファルト舗装面の骨材は維持されますが,ストレートアスファルト部分は数mm切削され,ミクロで見ると路面上に凹凸ができた状態となります。

高圧水洗浄機や排水性機能回復車では,舗装面の表面や骨材間の間隙に付着した堆積物を除去するのに対し,超高圧水洗浄機では,付着した堆積物に加え,ストレートアスファルト部分を除去することができるため,高い除染効果が得られるものと考えられます。

 

今回のモデル実証事業での効果の一例を以下に示します。

 

大熊町夫沢地区における実施結果(車道・歩道)(水圧約200MPa)

 

除染前

除染後

低減率(%)

表面線量率(1cm)(μSv/h)

18.2

4.1

78

表面汚染密度(cpm)

45,800

7,100

85