超高圧水洗浄機による道路除染の具体的な流れ

【除染モデル実証事業編】報告書2.4.2 除染作業結果より

 

道路における超高圧水洗浄機を用いた除染の流れを以下に示します。

1.目的

道路のアスファルト舗装の除染方法として,超高圧水洗浄機による表面切削の手順を示します。

 

2.作業項目

(1)使用機材点検

(2)表面切削

(3)洗浄水の回収

(4)運搬

 

3.作業手順

作業手順を下図に示します。

 

(1)使用機材点検

使用する機材が想定動作することを確認します。また,安全対策が十分であることを確認します。

(2)表面切削

超高圧水洗浄機を用いてアスファルト舗装面を切削します。

(3)洗浄水の回収

洗浄に使用した水はバキューム車で回収します。

(4)運搬

回収した水を水処理設備まで運搬します。

 

4.使用機材

保護具(保護メガネ,半面マスク,ゴム手袋等),超高圧水洗浄機,バキューム車

 

5.留意事項等

(1)高圧水洗浄機のノズル先を人に向けないようにします。

(2)他の切削と異なり除去物発生量が少ないですが,水処理が必要となります。

(3)コンクリート面深くまで汚染が進行している場合には,高圧での洗浄もしくは複数回の施工が必要となることから,事前に圧力,回数の違いによる除染効果の違いを把握し,仕様を決定することが重要です(低減効果の測定にあたっては,除染水による遮へい効果を除くため,乾燥した後に測定することが重要です)。

(4)中型の超高圧水洗浄機では縁石近くに数センチ幅の未除染部が残るため,ハンディ型のものを併用する必要があります(除染効果の確保)。

(5)対象がアスファルト舗装の場合,切削厚さによってはオーバーレイ(ストレートアスファルトのみ)が必要となります。

 

超高圧水洗浄の歩掛例

以 上