道路除染における留意点

道路の除染において留意すべき点を以下に述べます。

 

  • 排水性舗装機能回復車を用いた除染の表面汚染密度低減率は最大50%程度であるが,当該重機を用いた除染の施工スピードが他の除染方法に比べて3~8倍程度速いことから,目標低減率が低い場合はこの重機を用いることは効率的な除染方法となり得る。
  • 舗装面の切削厚さは,除染対象地域の線量低減目標に依存するため,事前に舗装面の深さ方向の放射性物質の残留・蓄積状況を把握したうえで,最適な方法を決定することが重要である。
  • 超高圧水洗浄は水圧と回数により,ショットブラストは投射密度と回数により表面汚染密度低減率が変化することから,これらを前提に作業内容を決めることが重要である。