砕石洗浄による宅地庭部の除染の技術評価

 

【除染モデル実証事業編】報告書2.4.2 除染作業結果より

 

砕石洗浄による宅地庭部の除染の手順や作業性の評価等を整理し以下に示します。

 

整理番号

宅-7

大分類

宅地

中分類

小分類

雨だれ部の玉砂利

除染手法

高圧水洗浄(A)

内容

コケ等の除去,篩洗浄(高圧水洗浄機),洗浄水回収,運搬

除染方法

<除染手順>
玉砂利のコケ等を除去:→篩洗浄:→洗浄水回収・運搬(除染箇所の水処理設備まで)  
人力          人力,高圧水洗浄機   ポンプ,水槽,トラック      

<除染概要>
玉石に付着した落葉,コケを人力で除去し,高圧水洗浄機(最大5MPa)で洗浄しながら篩で分級します。洗浄水はポンプで回収し,トラックで除染箇所の一時集積所まで運搬します(運搬距離100m)。

落葉・コケなどの除去

高圧水による玉砂利洗浄

主要機械仕様

3mm程度の目の篩,高圧洗浄機(最大5MPa),ポンプ,水槽,トラック

環境条件

適用環境条件

玉石以外の砕石などはデータが無いため,除染効果不明。

施工制約条件

特になし。

評価

除去物

施工スピード
(作業員数)

210m2/日 (剥ぎ取り厚約10cm) (12人)

除去物発生量

少量

除去物内容

土砂

水処理方法

使用水量

1~2m3/100m2程度

汚染水回収方法

タンク等

回収率

100%

除染係数の目安

DF

2.5~20

低減率

60~95%

コスト(直接工事費>1,000m2

 930円/m2

施工上の留意点
改善点

・汚染水が土壌に飛散浸透しないように飛散防止策を講じる必要があります(汚染の拡大防止による除染効果の確保)。
・その他,洗浄後の玉石は,表面汚染密度を測定して再利用可能かどうかを確認します。

 

 

宅地庭部の具体的な流れ

 

砕石洗浄の歩掛例