現在地: 除染技術情報 除染方法 大型構造物の除染方法(イラスト形式) 剥ぎ取りによる法面の除染方法

剥ぎ取りによる法面の除染方法

【除染モデル実証事業編】報告書2.4.2(1)①(b)章“Ⅱ大型構造物”より

 

  法面の表土剥ぎ取りは,人力もしくはバックホウにより行いました。

 

  • 人力

 重機の乗入れが困難である場所や小規模な法面の場合は,人力により鋤簾,鉄レーキ等を用いて3cm~10cmの深さで法面の表土剥ぎ取りを実施しました。

 急峻な法面の場合,表土剥ぎ取りによって法面の崩壊を助長する可能性があるため,法面の安定性を極力損なわないように,草類の根茎を残す形で表土を鋤取る方法として,鉄レーキや頑丈な熊手により掻き取るように剥ぎ取りを行いました。

 

人力による剥ぎ取り実施状況

 

  • バックホウ

   重機の乗入れが可能である場所では,バックホウを用いて法面表土の剥ぎ取りを行いました。剥ぎ取り厚さは10㎝程度で行いました。

 

バックホウによる剥ぎ取り実施状況

 

法面表土剥ぎ取りの除染効果例