プールの除染方法の特徴

【除染モデル実証事業編】報告書 2.4.2(1)⑤章“総合評価”より

 

プールにおける除染方法“高圧水洗浄”の,本事業における歩掛・作業性等の実績を以下に示します。なお,除染方法のコスト及び歩掛の評価方法については下記を参 照下さい。

・除染方法のコスト及び歩掛の評価について

 

除染手法

プール

高圧水洗浄

低減率

60~90%程度

除去物発生量

10袋/ha

二次汚染

除染水回収(ほとんど無し)

コスト評価

80万円/式

施工スピード

280m2/日

歩掛

6人/日

適用性

  •  プール

    高圧水洗浄は高い除染効果が得られたが,放射性物質の付着量はプール漕よりもプールサイドの方が多い。プールサイドにおいては60%程度の低減率であった。

  •  広大芝生

    両者を比較すると,剥ぎ取り厚さの一定の調整が容易であり施工スピードの速いターフストリッパーを選定することが望ましい。バックホウは薄層で剥ぎ取ることが困難であるため,除去物の量は相対的に多かった。