現在地: 除染技術情報 除染方法 大型構造物の除染方法(イラスト形式) 高圧水洗浄及びブラッシングによる大型構造物屋上フロア部の除染方法 高圧水洗浄及びブラッシングによる大型構造物屋上フロア部(コンクリート・モルタル製)の除染の技術評価

高圧水洗浄及びブラッシングによる大型構造物屋上フロア部(コンクリート・モルタル製)の除染の技術評価

【除染モデル実証事業編】報告書2.4.2 除染作業結果より

 

高圧水洗浄及びブラッシングによる屋上フロア部(コンクリート・モルタル製)の除染の手順や作業性の評価等を整理し以下に示します。

 

整理番号

大-1

大分類

大型構造物

中分類

屋根,屋上

小分類

コンクリート,モルタル

除染手法

表面ブラッシング+高圧水洗浄(B)

内容

研削(ポリッシャーまたは人力),高圧水洗浄,洗浄水回収,運搬

除染方法

<除染手順>
研削:      →洗浄:    →洗浄水回収・運搬(除染箇所の水処理設備まで): 
ポリッシャー(金ブラシ) 高圧水洗浄機   ポンプ・水タンク車,バキューム車
または人力(金ブラシ)                          

<除染概要>
ポリッシャー(金ブラシ)または人力(金ブラシ)で,屋上(コンクリート,モルタル仕上げ)を予め研削し,その後高圧水洗浄機(10MPa程度)で洗浄します。洗浄水はポンプで水タンクに送るか流末でバキューム車で吸引回収し,除染箇所の水処理設備へ運搬します(運搬距離100m)。

屋上研削(金ブラシ)

高圧水洗浄

主要機械仕様

ポリッシャー(金ブラシ),高圧水洗浄機,ポンプ・水タンク車またはバキューム車

環境条件

適用環境条件

汚染の激しいコンクリート面では,汚染物質が深部まで付着し,ブラッシングや高圧水洗浄では除染が困難。

施工制約条件

ワイヤーブラシ付きのポリッシャーは,コンクリート表面が湿潤状態では摩擦抵抗が大きく回転しなくなることがある。

評価

除去物

施工スピード
(作業員数)

170m2/日 (2人)

除去物発生量

ほとんど無し

除去物内容

汚泥

水処理方法

使用水量

2~3m3/100m2程度

汚染水回収方法

流末部でのバキューム吸引

回収率

100%(コンクリート吸水分を除く)

除染係数の目安

DF

1.4~3.3

低減率

30~70%

コスト(直接工事費>1,000m2

340円/m2

施工上の留意点
改善点

・高圧水を除染面に直角に噴射するとともに,噴出口と除染面の離隔を20cm以下に保つことが重要です(除染効果の確保)。
・ブラシで除去したコケや土砂などの取り残しを無くすことが重要です(除染効果の確保)。
・除染水が屋上外に飛散しないようにビニールシート等で周辺を養生し飛散防止策を講じることが重要です(汚染の拡大防止による除染効果の確保)。

 

 

大型建物屋上部の具体的な流れ

 

高圧水洗浄及ブラッシングの歩掛例