下草刈りによる森林(平地)の除染の技術評価

【除染モデル実証事業編】報告書2.4.2 除染作業結果より

 

下草刈りによる森林の除染作業の手順や作業性の評価等を整理し以下に示します。

 

整理番号

森-参1

大分類

森林

中分類

地表

小分類

平地

除染手法

下草刈り(A)

内容

下草刈り,灌木・小竹等の伐採(人力),

集積(落葉を含む),搬送,詰込,運搬

除染方法

<除染手順>

刈払:    →集積:       →搬送:           →詰込:

 →運搬(除染箇所の一時集積所まで):            

人力(草刈機) 人力(熊手,レーキ) 人力(収納ネット小運搬他)

人力   トラッククレーン

 

<除染概要>

人力(草刈機)で下草(含灌木,小竹等)を刈り,熊手,レーキを使って落葉と一緒に集積します。人力で収納ネット等で搬送し,フレキシブルコンテナに詰め,トラッククレーンで除染箇所の一時集積所まで運搬します(運搬距離100m)。

下草刈り

小運搬用ネット袋

主要機械仕様

肩掛け式草刈機,トラッククレーン

環境条件

適用環境条件

森林内平坦地が対象。除染効果に影響する環境条件は見当たらない。

施工制約条件

人力作業であるため下草刈作業自体ができないような制約条件はほとんどない。ただし,除去物を人力で搬送しなければならず,搬送距離が大きくなると,作業効率が急激に低下する。搬送距離は概ね20m程度が限界である。

評価

除去物

施工スピード

(作業員数)

1,480m2/日(13人)

除去物発生量

50~100袋/ha

除去物内容

雑草,灌木,落葉

水処理方法

使用水量

汚染水回収方法

回収率

除染係数の目安

DF

低減率

コスト(直接工事費>1,000m2

160円/m2

施工上の留意点

改善点

・この作業自体は除染の効果はほとんどなく,その後の腐植土層の除去のための準備作業です。従って,腐植土層ならびに表土の剥ぎ取りの際,可燃物の混入を極力少なくするよう根本まで刈り取ることが重要です(有機物はいずれ焼却等で減容化するとすれば,除去物量の低減に寄与)。

・その他,常緑樹は3年で葉が入れ替わることから,3年間は落葉の収集除去を繰り返すことが必要です。

 

 

下草刈りの具体的な流れ

 

下草刈りの歩掛例