自走式や牽引式草刈り機等の重機を用いた草刈りによる農地の除染の具体的な流れ

【除染モデル実証事業編】報告書2.4.2 除染作業結果より

 

 農地における,自走式や牽引式草刈り機等の重機を用いた草刈りによる除染の流れを以下に示します。

 

1.目的

農地の除染方法として,自走式や牽引式草刈り機等の重機を用いた草刈りの除染手順を示します。

 

2.作業項目

(1)使用機材点検

(2)草刈り

(3)集積

(4)詰込み

(5)運搬

 

3.作業手順

作業手順を下図に示します。

 

(1)使用機材点検

使用する機材が想定動作することを確認します。また,安全対策が十分であることを確認します。

(2)草刈り

自走式草刈機(ハンマーナイフモア)もしくは牽引式草刈機(耕運機+モア)を用いて除染対象エリアの草刈りを行います。

(3)集積

熊手,レーキ,バックホウを用いて刈りとった草を集積します。

(4)詰込み

刈りとった草を人力もしくはバックホウを用いてフレキシブルコンテナに収納します。

(5)運搬

フレキシブルコンテナをトラッククレーン等で一時仮置き場まで運搬します。

 

4.使用機材

保護具(半面マスク,ゴム手袋等),自走式草刈機(ハンマーナイフモア)もしくは牽引式草刈機(耕運機+モア),熊手,レーキ,バックホウ,トラッククレーン

 

5.留意事項等

(1)重機の死角には立ち入らないこととします。

(2)本作業は,この後に行われる表層土の剥ぎ取り準備作業です。本作業自体は除染の効果はほとんどありません。

(3)廃棄物減容の観点から,表層土の剥ぎ取り際にこれへの可燃物の混入が極力少なくなるよう,草は根元まで刈り取ることが望ましいです。

 

自走式or牽引式草刈り機の歩掛例

以 上