現在地: 除染技術情報 除染の基礎 建物など工作物の除染(5)

建物など工作物の除染(5)

 

 
 大型の構造物や道路を除染する場合も,まずは手作業で堆積物を除去します。インターロッキングや歩道敷石の砂目地の放射性物質濃度が高いことが多いことから,砂目地はヘラ等で掻き出して除去します。
 アスファルトやコンクリート舗装面を削り取る場合は,建築機械の利用が効率的です。その場合,発生する粉塵が飛散しないように配慮する必要があります。
 また,除去物の量を最小化するために,削り取り厚さを最適化し,汚染している層のみを除去するようにします。そのためには事前の測定(深さ方向)が必要となります。
 法面や側溝など道路に関連する構造物を除染する場合も,基本的に高い所から低い所へと進めます。なお,側溝と路面の間の隙間など汚染が残りやすい場所がありますので注意して除染します。