現在地: 除染技術情報 除染の基礎 線量率計による汚染の測定

線量率計による汚染の測定

 

 
 NaIシンチレーションサーベイメータ等の線量率計は,大まかに汚染の分布を調べるときや,除染前後の放射線の人への影響の度合いを調べるときに使われます。
 放射性セシウムが放射するガンマ線は飛ぶ距離が長いため,測ろうとする場所だけでなく,その周辺からも飛んで来きます。したがって,線量率計だけでは限られた範囲の汚染を調べることは困難です。
 線量率計で汚染を調べるときは,測ろうとするものに検出部を近づけ,周囲からの影響を極力低くする必要があります。