2.10 結論と将来の展望

除染モデル実証事業により以下の知見が得られました。

  • 効果的,安全,かつ効率的な除染計画を策定し,調整し,実施するための経験と除染技術
  • 様々な除染技術の適用性の比較評価
  • 様々な対象地域の条件に合わせるための手引き

 除染活動への住民や自治体関係者の同意を得るため,除染活動の計画や除染の効果について,時宜よく説明し情報を提供するために有効な資料を用意することができました。

 

 福島で避難生活を余儀なくされている多くの方々が少しでも早く帰還頂けるよう,除染モデル実証事業の成果が活かされ,広域的な除染が進められることを切に願います。