スリーマイル島

 

 

ペンシルバニア州のスリーマイル島原子力発電所,1979年頃

 

 

 

スリーマイル島原子力発電所1)

スリーマイル島原子力発電所には,加圧水型原子炉が二基あります。事故は1979年の3月28日に2号炉で起きました。当時,二次系の放射性物質を含まないところで故障が発生していました。主給水ポンプが停止し,結果的に一次冷却系を含む炉心の圧力が上昇し加圧器逃し安全弁が開きました。しかし,圧力が下がると閉じるはずの弁が開いたままで,運転員に弁が閉じられていないことを知らせる警報も正しく動作しませんでした。その結果,固着して開いたままの弁から冷却水が失われ,炉心の過熱が起きました。運転員が計器の読みを誤判断したため,その後の操作によって炉心を冷やす冷却材を減らしてしまい,原子炉が深刻な炉心溶融にまで至るという悪い方向へと向かいました。しかし,格納容器が破れることはありませんでした。ただし,発電所補助建屋から放射性物質の環境への放出が起きました。これは一次系から圧力を逃がし,炉心への冷却材の流量を減らさないように行った作業により生じたものです。

この事故による放射線影響に関する詳細な調査の結果,この地域の住民約2百万人が受けた実効線量の平均値はおよそ0.01 mSv だったことがわかっています。

 

参考文献

1) US NRC Backgrounder, Office of Public Affairs, Three Mile Island Accident