現在地: 背景情報 放射線の基礎 事故発生後の放射線防護の線量基準の考え方

事故発生後の放射線防護の線量基準の考え方

 

 

 事故が発生する前の年間被ばく線量限度は1ミリシーベルトでした。
 
 しかし,事故発生直後は50ミリシーベルト以上と見積もられる場合は避難,10~50ミリシーベルトと見積もられる場合は屋内退避,事故継続時は20~100ミリシーベルト/年を基準としました。
 
 そして,事故収束後は1~20ミリシーベルト/年を基準としており,長期的には1ミリシーベルト/年を目標としています。