現在地: 背景情報 放射線の基礎 外部被ばくと内部被ばく

外部被ばくと内部被ばく

 

 

 被ばくには大きく分けて外部被ばくと内部被ばくの2種類の形態があります。簡単に言うと放射線を出す放射性物質が体の外にあるのか,体の中にあるのかの違いです。
 
 外部被ばくは地表面などに結合している放射性物質から出る放射線によって体の外から被ばくすることで,放射線を出す物質から離れれば被ばく線量は低下します。外部被ばく線量は個人被ばく線量計などで測定・評価することができます。
 
 一方,内部被ばくは放射性物質を飲食,呼吸,傷口からの侵入等によって体内に取り込み,体内から被ばくすることで,放射線が放射されて直ぐに組織に当たるので外部被ばくよりも影響が出やすいと言えます。内部被ばくはホールボディーカウンタで測定・評価されます。